月別アーカイブ: 2013年2月

マウスピース矯正|葛西の矯正歯科

取り外しの出来るマウスピースの矯正(インビザラインやアライナー)では、基本的には歯の前後的移動は出来ますが、歯軸や上下的な歯の移動や歯の3次元のコントロールは比較的難しいため、適切な症例を選ぶ必要があります。つまり、大幅な歯のコントロールはマウスピースでは基本的に難しく、きれい並ぶとはいえまません。 また、一日に約20時間使用しなければ効果を得ることは出来ません。つまり、効果があるかないかは、患者様次第ということになります。 特に、歯を抜く矯正では、歯の移動量が大きくなるため、よっぽど与えられた装置を指示通りに使わないと、歯を抜いた空隙が完全に閉じないことも考えられます。 したがって、特に歯を抜くことが必要な症例には、固定式の表側や裏側の矯正装置(ブラッケト)を各歯に接着する方法が最も適切かと思われます。もちろん、外から見えない裏側矯正で矯正可能です。 また、中程度以上からマウスピース矯正単独では、うまく治療することができず、補助装置という矯正装置(ブラケット)を結局つける場合が多く見受けられます。 矯正専門医では、ワイヤー矯正の訓練を十分行っておりますが、一般歯科と矯正の両方の治療をひとりのドクターで行っている場合は、マウスピースでうまくいかないときに、、ワイヤー矯正が対応できず、その結果、うまく治らず困る場合があります。 実際に治療前後の例を見せてもらったり、マウスピース矯正でうまくいかなかったとき、ワイヤー矯正は対応できるか?しっかりと確認する必要があります。 矯正専門医は、基本的に毎日矯正治療のみを行っております。一般歯科をメインに行っている場合は 時々しか矯正治療を行っていないため技術、知識、経験等において大きく差があり、一般的に矯正専 門医ではありません。 矯正専門医は、様々矯正装置を症例に合わせて選択して治療を行います。すべての症例を床矯正あるいはマウスピース矯正などにあてはめて治療を行うのは無理があります、症例に適している装置の選択が重要です。 自分適している装置は、何なのか?今回の矯正治療も目的は?よく確認してから矯正治療を開始すると 良いでしょう。 健康できれいな歯並びが、矯正治療の主な目的となります。治療して装置している期間は2年ちょっとですが、矯正装置を外してからの方がずっと期間が長いですよ。

子供の虫歯治療 フッ素やシーラントで歯を守ろう!キッズルーム完備

ベビーカーのままで1階の診療室に入れます。

中葛西歯科・矯正歯科 子供の矯正 小児歯科 笑顔のキッズルーム

東京都江戸川区中葛西5-13-5 

http://nakakasai.com/

TEL03-3680-9111

東京メトロ東西線葛西駅の西口を出て、メトロセンターを抜けて、

線路沿いを西葛西方面へ

夜9時まで診療 駐車場5台完備