カテゴリー別アーカイブ: 矯正歯科

裏側矯正は、どこの医院で?

裏側矯正 探し方

東京都内で裏側矯正を希望する場合、矯正歯科専門でも対応している医院としていない医院がある。対応している医院は、裏側矯正の説明文が多くある。あまり対応していない医院は、2~3行程度での説明文や画像が少ない。そして、料金は応相談などあいまいな感じにしてある。

 

写真

実際に相談時に実際に患者さんに裏側矯正装置(模型に裏側装置がついているのではなく)のついている写真を見せてもらうとよいでしょう!実際にあまり裏側矯正をやっていないところは、裏側矯正の症例写真が少ない。

 

料金

裏側矯正が得意でない医院では、表側を強く勧められることがあります。そして、裏側矯正は必要以上に高い料金を提示してくる場合もあります。

 

経歴

裏側矯正は、東京では多く行われているが、千葉、埼玉、茨城、栃木を含む地方都市ではほとんど行われていないのが現状です。矯正医に経歴に東京都内以外の場合は、特に注意が必要です。神奈川や埼玉や千葉も例外ではありません。横浜や大宮等の主要都市くらいです。

転勤

裏側矯正の治療途中で転勤になると、地方では、主要都市を除いて、裏側矯正をあつかう矯正歯科がかなり減りますので、転勤予定がある方は注意が必要です。

 

矯正歯科を東京都内で選ぶ場合、矯正医が複数いる所がある。この中で誰が治療するかによって治療結果は、違ってくることが多い。毎回、違った先生が担当する場合は、治療の方向性が定まらないにことがよくあるので、毎回同じ担当医が好ましい。

 

夜9時まで診療 会社帰りに無理なく通院できる。生まれ育った葛西で開業21年の安定した実績 中葛西歯科・矯正歯科 歯列矯正は、矯正歯科専門クリニックで!

 

いろいろな視点から矯正歯科を選ぶことができますが、矯正治療は、一生で一度の治療です。多くても2回です。

 

検査代は通常1回です。途中で2~3回検査代がかからないか?あるいは、それ以外の準備代等の余計なお金がかからないか?浮いた宣伝やキャンペーン等には、惑わされずしっかりみきわけが必要です。

 

また、2~3年と長期にわたります。途中で簡単に変更することはできませんので、相談しやすいとか良く説明してくれる、治療経過を把握しているなど、先生との相性も重要になってきます。東京都内は、多くのは矯正相談を無料で行っていますので、実際にあしを運んでみて、自分で確かめることが、一番良い方法といえます。口コミは、ほとんどあてになりません。口コミ行うの業者がいますので、ある一定の期間に集中してある場合や「矯正するならここがおすすめ!とかの営業っぽい感想は、実際の患者さんは書いたりしません。過度にすすめている場合は、疑ってかかるべきでしょう。また、同じ人が何件もの歯科医院の口コミを書いている場合もあり、注意が必要です。

矯正歯科の選び方

矯正歯科の種類 矯正歯科は、どこも同じでは、ありません。また、個人と医院の契約になりますので、途中で医院を変える場合は、最初から料金がかかります。

都内には数多くの矯正歯科があります。

a.一般歯科でありながら、月1~2回程度矯正医にきてもらって治療を行うタイプ

b.小児歯科で子供の矯正を行っているタイプ

c.矯正歯科専門で矯正歯科のみを行っているタイプ

d.一般歯科の先生が矯正歯科も行うタイプ

e.一つの医院に一般歯科医と矯正歯科医がいるタイプ

kai3

 

aの場合は、予約日が限定され都合が合わない時は、1か月先になる場合がある。医院によっては、一般歯科の院長が応急処置だけ応じてくれたりもする。が基本的には、矯正医が処置を行うので1カ月先になることが多々ある。

bの場合は、基本的には、小児歯科医は、子供の対応には慣れているが、主に行っているのは、子供の一般歯科治療なので、矯正歯科は専門ではないため、料金が比較的安めに設定されているが、対応できない症例があったりする。途中でうまくいかない場合は、矯正歯科専門を紹介され、また、はじめから料金がかかる場合がある。

cの場合は、矯正装置の種類も豊富で治療方法も多く提案されることが多い。しかし、虫歯の治療や抜歯では、別の一般歯科に行く必要がある。

矯正歯科もメインで考えていたり、裏側矯正など特殊な治療を行う場合は向いている。

審美歯科治療 中葛西歯科・矯正歯科

dの場合は、一般歯科と矯正歯科の両方を一人の先生が行えて、すごいように感じるが、主に一般歯科を約8~9割行っているため、毎日ずっと矯正歯科のみを行ってきた先生と比較すると、知識、経験、技術が劣る場合が多い。マウスピース矯正をすすめたり、比較的治療の難易度の低い部分矯正や歯を抜かない矯正をすすめたりするので、口元がさがらなかったり、かみ合わなかったりする場合がある。歯を抜く矯正や裏側矯正が対応できない場合が多い。

eの場合は、多くは存在しませんがあります。一般歯科と矯正歯科医がしっかり分かれている場合は、矯正歯科専門医院として、実際にそれぞれ相談してみるとよいでしょう!歯の模型に矯正装置がついている写真ではなく、実際の患者さんに矯正装置がついている写真が多く掲載されているか?あるいは、治療例や症例集が多いところも重要です。

top_img1

無理にある治療方法(非抜歯やマウスピース矯正、部分矯正)に誘導される医院は、避けて方が良いでしょう!

矯正相談無料(予約制)小学生の矯正 中高生の矯正は常勤の矯正専門医で

中葛西歯科・矯正歯科 ホワイトクリア矯正 目立たない白いワイヤー

東京都江戸川区中葛西5-13-5 http://nakakasai.com/

TEL03-3680-9111 葛西で開業21年の安定した実績 日本矯正歯科学会認定医

東京メトロ東西線葛西駅の西口を出て、メトロセンターを抜けて、

線路沿いを西葛西方面へ 夜9時まで診療 駐車場5台完備

子供の矯正をはじめる医院選び?

子供の矯正は、どこで始めるべきか?

矯正治療のきっかけの多くは、かかりつけの一般歯科でのすすめだったりします。そこに月1~2回矯正日があって、治療を行っているケースが結構あります。

当然、すごく良い先生もいますが、多くの場合、大学病院在籍のアルバイトが多く、途中でやめたり、交代してりして治療の責任所在がはっきりしません。新規の医院も注意が必要です。一般的に歯科医院の開業のため設備のため多額の借金をします。開院後5~7年は、経営が不安定です、葛西地域もここ数年で4~5件閉院しています。閉院してしまうと支払った治療費は戻ってきません。矯正費は、医院と個人の契約のため、別の医院で継続して治療をしようとすると、また初めから料金を払うことになります。子供の矯正は、第二期まで含めると約10年と長期にわたりますので、慎重な判断が必要です。

歯科医院に矯正日が月1~2回のケースでは、装置が壊れても処置が次の矯正日まで2~3週間待たないと治してもらえない。また、特殊な装置のみしか取り扱いがない場合、症例に適応してなくても同じ装置なんてこともあるんです。

子供の矯正 第一期と第二期にわかれる場合があります。第一期は、顎の成長を利用した治療が多く、第二期にすべての歯にブラケットつけて治療を行います。第一期が小学校低学年くらい、第二期が女子の場合、中2くらい 男子は中3~高校生くらいだと思われます。あまりはやく2期め治療をはじめてしまうと、後で成長によってずれたりします。

第一期の小学校低学年時は、良いが第二期の小六や中学生になると習い事や部活があり、矯正の先生が来る日と日程を合わなくなり治療ができなくて困っているケースが多くあります。

第一期で料金を約40~50万前後払いこんでいるため、医院を変えられなくて困っています。仮に医院を変えると料金は、初めからになってしまいます。

一方で、一般歯科の先生が矯正治療も行うケースがあります。矯正治療は特殊な分野で知識や技術や経験が必要で、誰でも歯科医師であれば、行って良いのですが、誰でもできるわけではありません。

メインに一般歯科の治療を行っている場合は、矯正装置がマウスピースや床矯正に限定される場合もよくあります。取り扱う矯正装置が限られているため、症例によっては、適応症ではなく上手く治療がいかないケースも出てきます。一つ一つの症例にあった矯正装置を選択できる矯正歯科専門医院の方がはるかに安心感があるかと思われます。

反対咬合 
葛西の矯正歯科

矯正歯科専門であれば、多くの矯正装置の取り扱いがあり、ベストな治療が選択できます。小さい子供を連れて、月1回病院に行くのは大変ですが、都内では、多くの矯正歯科専門医院が予約制ですが、矯正無料相談を行っていますので、実際に相談にいってみると良いでしょう!

子供の矯正治療は、成長発育にかかわり、長期にわたりますので、冷静な判断が必要です

葛西の常勤矯正専門医

 

矯正相談無料(予約制)小学生の矯正 中高生の矯正は常勤の矯正歯科認定医で

中葛西歯科・矯正歯科 ホワイトクリア矯正 目立たない白いワイヤー

東京都江戸川区中葛西5-13-5 http://nakakasai.com/

TEL03-3680-9111

東京メトロ東西線葛西駅の西口を出て、メトロセンターを抜けて、

線路沿いを西葛西方面へ 夜9時まで診療 駐車場5台完備

子供の矯正 ~開始時期~

子供の矯正 について

子供の矯正は、開始時期によって第1段階と第2段階にわけられます。

HU072_72A

第一段階は、小1~4年くらいで子供の歯と大人の歯が混じっている時期に治療する場合です。すべて、永久歯列では、ありませんので歯並びのすべてを治すことはできません。 上あごと下あごの土台ずれを治したり、あごを拡げたりします。

この時期に治療を開始した方が有利な例として、

重度な出っ歯、反対咬合 非抜歯(歯を抜かない)治療を希望する場合などがあげれます。

第二段階は、すべて永久歯列(大人の歯)の時期、はえかわるスピードや男女で個人差があります。

第二段階では、女子で中1~2 男子で中3~以上である程度成長がおさまってから治療を行うのが、身長の伸びとあごの成長が比例することが多く、しっかり待ってから治療するほうが後でずれたり、治療期間が延長したりしないで、安心です。

第一段階に矯正

小1~小4 あごの成長が見込める時期

期間1年半前後 費用総額 45~50万円

 

第二段階の矯正

小6以上 成長がある程度おさまってから

期間2~2年半 費用総額45~50万円

HU131_72A

第一段階を行わず、第二段階から矯正を行った場合

小6以上 成長がある程度おさまってから 期間2~2年半 費用90~100万円

 

第二段階にスタートの目安

女子の場合、12歳前後に第二大臼歯がすべて萌出していれば、スタートして良い時期と言えます。小4くらいから初めてしまうと、成長があったときにかみ合わせがズレてしまいます。あるいは、治療期間が長くなることが予想されます。

 

男子の場合、中学生の間に20cm以上伸びる場合も珍しくありません。身長が伸びるとそれに比例して、下顎が伸びます。かみ合わせにズレてしまうことや期間が延長されることが予想されます。中2以降第二大臼歯がすべて萌出していれば、スタートの目安になります。

 

※抜歯して矯正を行う場合、スタート時期は十分注意してください。

ogua1480oguc1480

 

第一段階を他院で行って曜日が合わないので、第二段階から矯正を行う場合

費用は、最初からとなります。習い事や部活で忙しくなり、曜日が合わなくて困っている例があります

小学校高学年~中学生は、塾や部活で忙しくなりことが予想されます。

HU138_72A

中高生の矯正 女子の場合、中2前後以上 男子中3以上に治療を開始するとある程度成長が落ち着いており、良い時期といえます。早めにはじめると、成長があった場合、治療期間が延長する場合があります。特に抜歯をして治療を行う場合は、注意が必要です。

矯正歯科専門医院 優位性 約20年 矯正歯科専任

実績や経験からいろいろな治療方針や方法を提示できる 患者さんの希望に寄り添ったプランの構築ができる

資料(検査)の管理がしっかりしている。しっかり資料をとり、経過を確認できる。検査をあまり行わないところでは、最初の状態と比較することができず、治ったか?治ってないか確認することができません。検査による資料はとても重要といえます。

 

矯正治療の目的 健康の増進、維持 ゴール:生活の質の向上を目標

 

矯正歯科専用サイト

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
中葛西歯科・矯正歯科
〒134-0083
東京都江戸川区日中葛西5-13-5 1~2F
電話 03-3680-9111
http://nakakasai.com/
9時30分~12時30分 14時30分~21時(土曜18時まで)
木曜・日曜・祝日休診
無料矯正相談・無料カウンセリング受付中!
歯並び、矯正装置のこと、お気軽にご相談ください。
無料相談ご予約:03-3680-9111
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

葛西の矯正歯科専門

矯正専門医の特徴

私は矯正歯科専門医として約20年間、矯正歯科に身を置き、

常に知識、技術を研鑽して参りました。

矯正専門医の優位性について3つお話しいたします。
1つ目は、得手不得手のない矯正歯科治療が受診出来ます。どんな症例に対してもその歯科医の得意な治療方法を施すのではなく、それぞれの症例に合った矯正専門医ならではのより多くの治療方法をご提案いたします。

患者様視点では、より多くの選択肢が増え、ご自身が納得された上で安心して矯正治療を開始出来ると思います。

 

2つ目は、取り扱える矯正装置の豊富さです。それぞれの症例に合った矯正装置のご提案が出来ます。子供の矯正の例では、全ての症例例えば出っ歯や受け口、前歯がかみ合わない等を床矯正1つで、対応することはありません。それぞれの症状によって、それぞれに合った矯正装置を使用いたします。大人の矯正も然りです。全て症例をマウスピース矯正で、勧めるのではなく、矯正専門ならではの豊富な装置の中から患者様の歯並びの状態に合った矯正装置選びが出来ます。

 

3つ目は、予約時間です。矯正専門医院では、ほぼ毎日先生が在院しております。月に1〜2回の矯正日というようなことはありません。急な歯のトラブルに対して、患者様に次の月1回治療日まで我慢していただくというようなことは決してありません。

意外に盲点なのが子供の成長と共に変わる生活時間です。最初は合わせられた月1の矯正日も子供が高学年になり、塾の時間や部活動の時間と重なり、中学生や高校生になるとさらに様々な事項で合わせられなくなってきます。

最後に矯正治療は、とても特殊な技術が必要で、治療を助手や経験の少ない代診に任せているような場合は、好ましいとは言えません。毎回同じ先生が治療行うことが、効率よく治療をすすめることができます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
中葛西歯科・矯正歯科
〒134-0083
東京都江戸川区日中葛西5-13-5 1~2F
電話 03-3680-9111
http://nakakasai.com/
9時30分~12時30分 14時30分~21時(土曜18時まで)
木曜・日曜・祝日休診
無料矯正相談・無料カウンセリング受付中!
歯並び、矯正装置のこと、お気軽にご相談ください。
無料相談ご予約:03-3680-9111
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

部分矯正?矯正専門医へ相談 

部分矯正 矯正相談で、部分矯正はできますか?という質問がきます。多くの場合、片側だけ部分的に並べてしますと かみ合わなくなることが予想されます。結構困っている方います。 矯正治療の経歴のチェックが必要です。矯正専門で治療を行っている先生の多くは、このような治療はあまり行いません。 症例写真は、上下でかみ合っている写真は、ほとんど掲載されてません。咬む面からの写真ばかりで、左右横から 上下のかみ合わせを確認できる写真がない場合が多く見受けられます。このような傾向は、 一般歯科をメインに行っている先生に多く見受けられます。全体の矯正に対応できず、部分矯正のみ行っている 場合がありますので要注意です。 矯正治療は、通常一生に何回も受ける治療ではありませんので、冷静な判断が必要です。

矯正専門医は、基本的に歯並びの矯正治療のみを行っているが一般的です。歯を削ったりするのは、一般歯科です。小児歯科も基本的には子供を扱う一般歯科です。医科でも一つ医院で4~5科表示している場合がありますが、メインの科は、一つです。

お金を少し貯めてから矯正を全体で行う方が良い場合が多く見受けられます。矯正期間は、2年程度ですが そのあとの方がずっと長いですよ!

仮にかみ合わないことを了承して頂き、部分矯正治療を行う場合も矯正専門方がきれいに並びますよ!

部分矯正も矯正専門に相談して!希望の回答は得られないかもしれませんが

 

矯正相談無料(予約制)小学生の矯正 中高生の矯正は矯正専門医で

中葛西歯科・矯正歯科 ホワイトクリア矯正 目立たない白いワイヤー

東京都江戸川区中葛西5-13-5 

TEL03-3680-9111

http://nakakasai.com/

東京メトロ東西線葛西駅の西口を出て、メトロセンターを抜けて、

線路沿いを西葛西方面へ夜9時まで診療 駐車場5台完備

マウスピース矯正|葛西の矯正歯科

取り外しの出来るマウスピースの矯正(インビザラインやアライナー)では、基本的には歯の前後的移動は出来ますが、歯軸や上下的な歯の移動や歯の3次元のコントロールは比較的難しいため、適切な症例を選ぶ必要があります。つまり、大幅な歯のコントロールはマウスピースでは基本的に難しく、きれい並ぶとはいえまません。 また、一日に約20時間使用しなければ効果を得ることは出来ません。つまり、効果があるかないかは、患者様次第ということになります。 特に、歯を抜く矯正では、歯の移動量が大きくなるため、よっぽど与えられた装置を指示通りに使わないと、歯を抜いた空隙が完全に閉じないことも考えられます。 したがって、特に歯を抜くことが必要な症例には、固定式の表側や裏側の矯正装置(ブラッケト)を各歯に接着する方法が最も適切かと思われます。もちろん、外から見えない裏側矯正で矯正可能です。 また、中程度以上からマウスピース矯正単独では、うまく治療することができず、補助装置という矯正装置(ブラケット)を結局つける場合が多く見受けられます。 矯正専門医では、ワイヤー矯正の訓練を十分行っておりますが、一般歯科と矯正の両方の治療をひとりのドクターで行っている場合は、マウスピースでうまくいかないときに、、ワイヤー矯正が対応できず、その結果、うまく治らず困る場合があります。 実際に治療前後の例を見せてもらったり、マウスピース矯正でうまくいかなかったとき、ワイヤー矯正は対応できるか?しっかりと確認する必要があります。 矯正専門医は、基本的に毎日矯正治療のみを行っております。一般歯科をメインに行っている場合は 時々しか矯正治療を行っていないため技術、知識、経験等において大きく差があり、一般的に矯正専 門医ではありません。 矯正専門医は、様々矯正装置を症例に合わせて選択して治療を行います。すべての症例を床矯正あるいはマウスピース矯正などにあてはめて治療を行うのは無理があります、症例に適している装置の選択が重要です。 自分適している装置は、何なのか?今回の矯正治療も目的は?よく確認してから矯正治療を開始すると 良いでしょう。 健康できれいな歯並びが、矯正治療の主な目的となります。治療して装置している期間は2年ちょっとですが、矯正装置を外してからの方がずっと期間が長いですよ。

子供の虫歯治療 フッ素やシーラントで歯を守ろう!キッズルーム完備

ベビーカーのままで1階の診療室に入れます。

中葛西歯科・矯正歯科 子供の矯正 小児歯科 笑顔のキッズルーム

東京都江戸川区中葛西5-13-5 

http://nakakasai.com/

TEL03-3680-9111

東京メトロ東西線葛西駅の西口を出て、メトロセンターを抜けて、

線路沿いを西葛西方面へ

夜9時まで診療 駐車場5台完備

ホワイトワイヤー 目立たない矯正葛西駅すぐ

目立たない矯正 ホワイトワイヤー クリアタイプ

クリア1
通常のワイヤーは銀色ですが、ワイヤーが白にコーティングされています。以前はワイヤーの色を気にされる方がいました。また、クリアタイプのブラケットを使用することで、より目立たない矯正装置となっております。白いワイヤーも何種類か取り揃えております。

中高生の矯正 目立たないセラミックブラケットと白いワイヤー

また、裏側矯正や上が裏側 下が表白い装置のハーフリンガルも取り扱いがございます。

gem2

矯正歯科専用サイト 矯正専任約20年 日本矯正歯科学会認定医

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

葛西の痛くない歯医者 中葛西歯科・矯正歯科
〒134-0083
東京都江戸川区日中葛西5-13-5 1~2F
電話 03-3680-9111
http://nakakasai.com/
9時30分~12時30分 14時30分~21時(土曜18時まで)
木曜・日曜・祝日休診
無料矯正相談・無料カウンセリング受付中!
歯並び、矯正装置のこと、お気軽にご相談ください。
無料相談ご予約:03-3680-9111
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

子供の矯正 治療開始時期

矯正治療開始時期 子供の矯正治療の開始時期は、親御さんを悩ませることと思います。少しでも参考になればと思い、時期についてまとめてみました。 矯正治療開始時期 1. 子供のころ(幼稚園、小学校)の治療である程度治る場合。 2. 子供の矯正と中学生以降の矯正歯科治療が必要な場合。 3. 中学生ころから、矯正歯科治療したほうがよい場合。 4. 骨格性の反対咬合(受け口)で、顎の成長が終了してからのほうがよい場合。 症状別矯正治療開始時期 1.すぐに矯正を始めることが多い場合 幼稚園の時期から治療を開始することもあります。 骨格性の不調和を認める場合 反対咬合(受け口)、 出っ歯 顎のずれ 顎が狭くて歯がでこぼこしている。 咬み合わせが深い(下の前歯が上の前歯に隠れて見えない) 舌やお口の周りの癖が歯並びに影響している場合 明らかに咬み合わせに問題がある (特定の歯だけ強くあたり、本来の場所で咬めず咬み合わせがよくない状態。) 2.中学生ころから、矯正歯科治療を開始することが多い場合 骨格は正常で、歯の大きさが大きく、 歯を抜歯して治療行う場合。 骨格は正常で、治療を1回で済ませたい場合。 3.定期観察が必要で、適正な時期から矯正治療を開始する場合 永久歯の数が足りない場合。 いっぱい虫歯がある場合。 骨格性要因が大きい反対咬合(受け口) 矯正治療開始時期 小学1~2年くらいで、一度矯正歯科専門クリニックで相談されたら良いかと思われます。 中葛西歯科・矯正歯科 東京都江戸川区中葛西5-13-5  日本矯正歯科学会認定医 歯並びの歯列矯正相談 無料(予約制) tel.03-3680-9111

http://nakakasai.com/

一般歯科の虫歯治療やフッ素も同院で可能です。予約は、担当医が違うため 別々になっています。

子供の歯並び

子供の歯並びについて 乳歯(子供の歯) 乳歯とは、初めに生えてくる子供の歯で、全部で20本あります。生後6ヶ月ころ生え始め、2歳6ヶ月ころ生え揃います。 基本的に、大人の歯のほうが大きいので、乳歯の時は歯と歯の間に少し隙間があるのが理想です。 6歳ころになると乳歯の後ろから新しく奥歯が生えてきます。この歯が6歳臼歯(第一大臼歯)です。またこの頃下の前歯も大人の歯に生え替わります。 子供の矯正は、早い場合は子供の歯の時期から矯正をスタートすることがあります。 永久歯(大人の歯) 永久歯は、大人の歯のことで親知らずを入れないで全部で28本あります。 6歳臼歯は、乳歯から生え替わるのではなく、新たに乳歯の一番後ろから生えてきて、このもう一つ後ろから12歳臼歯、そのもう一つ後ろが親知らずです。 小学生の場合は、子供の歯と大人の歯が混じっている歯並びになってます。 子供の矯正をよく行う時期は、前歯が大人の歯に生えかわった時期です。 上と下の歯を別々に数えて、前歯が2本~4本大人の歯に生えかわっている時期です。 良い歯並びとは 咬んだ時に、上の歯が下の歯よりも表に出ている。 (前歯だけでなく、奥歯も上の歯が表にでている。) 咬んだ時に、上の前歯と下の前歯の重なる量が2mm~下の前歯の長さの1/4~1/3くらいである。 子供の歯並びのいろいろな症状に矯正歯科専門として対応致します。 歯がはえてこない。歯が曲がってきた。歯の後ろから歯がはえてきた。歯のすきまがあいている。八重歯、歯がでこぼこ。上の歯が出 ている。出っ歯。受け口。反対のかみ合わせ。あごが出ている。あごが曲がってきた。前歯がかみ合わない。大人の歯がはいるすきま がない。 中葛西歯科・矯正歯科 東京都江戸川区中葛西5-13-5  日本矯正歯科学会認定医 歯並びの歯列矯正相談 無料(予約制) tel.03-3680-9111

http://nakakasai.com/

一般歯科の虫歯治療やフッ素も同院で可能です。予約は、担当医が違うため 別々になっています。