子供の矯正 ~開始時期~

子供の矯正 について

子供の矯正は、開始時期によって第1段階と第2段階にわけられます。

HU072_72A

第一段階は、小1~4年くらいで子供の歯と大人の歯が混じっている時期に治療する場合です。すべて、永久歯列では、ありませんので歯並びのすべてを治すことはできません。 上あごと下あごの土台ずれを治したり、あごを拡げたりします。

この時期に治療を開始した方が有利な例として、

重度な出っ歯、反対咬合 非抜歯(歯を抜かない)治療を希望する場合などがあげれます。

第二段階は、すべて永久歯列(大人の歯)の時期、はえかわるスピードや男女で個人差があります。

第二段階では、女子で中1~2 男子で中3~以上である程度成長がおさまってから治療を行うのが、身長の伸びとあごの成長が比例することが多く、しっかり待ってから治療するほうが後でずれたり、治療期間が延長したりしないで、安心です。

第一段階に矯正

小1~小4 あごの成長が見込める時期

期間1年半前後 費用総額 45~50万円

 

第二段階の矯正

小6以上 成長がある程度おさまってから

期間2~2年半 費用総額45~50万円

HU131_72A

第一段階を行わず、第二段階から矯正を行った場合

小6以上 成長がある程度おさまってから 期間2~2年半 費用90~100万円

 

第二段階にスタートの目安

女子の場合、12歳前後に第二大臼歯がすべて萌出していれば、スタートして良い時期と言えます。小4くらいから初めてしまうと、成長があったときにかみ合わせがズレてしまいます。あるいは、治療期間が長くなることが予想されます。

 

男子の場合、中学生の間に20cm以上伸びる場合も珍しくありません。身長が伸びるとそれに比例して、下顎が伸びます。かみ合わせにズレてしまうことや期間が延長されることが予想されます。中2以降第二大臼歯がすべて萌出していれば、スタートの目安になります。

 

※抜歯して矯正を行う場合、スタート時期は十分注意してください。

ogua1480oguc1480

 

第一段階を他院で行って曜日が合わないので、第二段階から矯正を行う場合

費用は、最初からとなります。習い事や部活で忙しくなり、曜日が合わなくて困っている例があります

小学校高学年~中学生は、塾や部活で忙しくなりことが予想されます。

HU138_72A

中高生の矯正 女子の場合、中2前後以上 男子中3以上に治療を開始するとある程度成長が落ち着いており、良い時期といえます。早めにはじめると、成長があった場合、治療期間が延長する場合があります。特に抜歯をして治療を行う場合は、注意が必要です。

矯正歯科専門医院 優位性 約20年 矯正歯科専任

実績や経験からいろいろな治療方針や方法を提示できる 患者さんの希望に寄り添ったプランの構築ができる

資料(検査)の管理がしっかりしている。しっかり資料をとり、経過を確認できる。検査をあまり行わないところでは、最初の状態と比較することができず、治ったか?治ってないか確認することができません。検査による資料はとても重要といえます。

 

矯正治療の目的 健康の増進、維持 ゴール:生活の質の向上を目標

 

矯正歯科専用サイト

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
中葛西歯科・矯正歯科
〒134-0083
東京都江戸川区日中葛西5-13-5 1~2F
電話 03-3680-9111
http://nakakasai.com/
9時30分~12時30分 14時30分~21時(土曜18時まで)
木曜・日曜・祝日休診
無料矯正相談・無料カウンセリング受付中!
歯並び、矯正装置のこと、お気軽にご相談ください。
無料相談ご予約:03-3680-9111
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※